学費・奨学金について Tuition and Scholarships

学費、学費納入方法、寄付金、奨学金制度、公費助成等について紹介しています。

学費

 年度  金額  改訂額  改訂率
 2014  968,000円  0円  0%
 2015  968,000円  0円  0%
 2016  968,000円  0円  0%
 2017  968,000円  0円  0%
 2018  968,000円  0円  0%
 入学金(初年度のみ)120,000円
 授業料 708,000円
 教育充実費 140,000円
 合計 968,000円

学費納入方法について

年額を3期に分け、銀行口座引落しによって納入して頂きます。申し出により月額納入も出来ます。

寄付金について

教育研究協力資金として一口10万円、教育施設建設資金として一口10万円をそれぞれお願いしています。(任意)

奨学金制度

学費の支払いが困難になったときのために、各種奨学金(給付・貸付)があります。
「同志社中学校奨学金」「同志社中学校桑の実貸付奨学金」「司鐘担当奨学金」「同志社校友会奨学援助金」。
2014年4月より「家計急変時授業料等減免共済制度」も新設し、学業援助継続の支援をしています。

公費助成について

 年度  金額
2012 214,180,000円
 2013 225,300,000円
 2014 230,200,000円
 2015 221,928,000円
 2016 220,208,000円
 2017 227,429,000円

私立学校が日本の教育のなかで果す役割を評価し、かつ父母負担の軽減を目ざし「私立学校に国からの、そして地方自治体からの公費助成を要求する」声は高まっています。
私立学校及び、国民からの運動の結果、別表のように助成金が交付されています。助成金は、今日の教育を考える上で重要なものとなっています。