学校生活
生徒指導

生活指導の基本

生活指導面では、本校の教育方針をもとに生徒の自主自立を目指した 生活態度が育つことを目標として指導しています。

互いに認めあい、物を大切にし快適な学校生活を作ろう

この点を生徒一人一人が、心に刻んで、豊かな学校生活を過ごせるように 指導しています。 特に、「いじめ」・「人権」・「生命」に関わる行動・言動に関しては厳しい姿勢で指導にあたっています。


指導にあたって

1.命を大切に

2.人権の尊重

3.社会のルールを守る
ということを基本ルールとしています。
日常の生活指導は、担任・担任会・教科担当者・クラブ顧問と緊密に連絡をとり、 ともに指導にあたっています。特に生徒が問題を抱えているとき、悩んでいるとき等 は、生徒と共により良い解決の方策を見つけだし、その中で生徒自身が成長していく手助けを行っています。 また専門のカウンセラーによるカウンセリングや、さまざまな相談に対応しています。 学校生活の規律」・「生徒の生活目標」の検討と、それらを守っていく姿勢について考えています。


生徒への福祉活動

奨学金制度として

・学内奨学金制度

・学外奨学金制度
   日本育英会奨学金
   交通遺児育英奨学金
   あしなが育英会奨学金
   各地方自治体による奨学金制度

自転車通学の許可と指導など。

このページの先頭へ