同志社中学校 面白授業紹介

技術 ブリッジコンテスト


ブリッジコンテストってなに?


ブリッジコンテストとは、より強い橋、より経済的な橋、より美しい橋をつくるという目標に向かって競い合う競技。よく、大学の研究者や建築家のなかで行われています。ポイントとなるのは、材料力学と構造力学、アイデアです。プロの建築家のようにすごい知識と発想力と技能を持った人達のなかで面白味を感じることができるものですが、同志社中学校の授業のなかでも、その世界に一歩踏み出してみました。 コンテストを行う前に、導入の手順としてプリント配布と並行して、Power-Pointによるプレゼンテーションを行いました。
プレゼンテーション紹介のページへ

プレゼンテーションを使った授業

材料の強さを理解する

 

ルールは?

 25センチ離れた両端に橋脚を2本。その間に、4ミリ角のバルザ材で強い構造物をつくります。材料をカッターナイフで切断し、瞬間接着剤で接合します。その際に、切断面のきれいさ、接合部の接着面積、全体の構造がポイントになります。 各班4〜5名で製作し破壊テストしました。

橋の形でミーティング

形が決まった!!

結果は?

 一本のバルザは、指の力で簡単に折れてしまいます。ところが構造物にすると1キログラム、2キログラムは平気で耐えられます。1年生の全クラスでトップはなんと、5.8キログラムでした。

橋が破壊するまで本をのせる

本の重さを計って物理量に直す


このページの先頭へ