同志社中学校 面白授業紹介

理科 ブタの内臓を見よう  
〜自分の手で解剖し構造とはたらきを考える〜


<実施学年> 3年生理科U 希望者のみ
<ねらい> 3年生理科Uの2学期テ−マは「生と性と死の学び」です。カエルの解剖を1年生で行いますが、3年生では「生きている」こと、それに対してある「死」についてなどを学びます。その中で「消化器系」や「循環器系」などの生命維持の器官を学びます。まとめとして希望者を募り、ブタの内臓一式から臓器ひとつずつを取り出し、体の中にどのように配置してあるかなどを考えながら進めていきます。 互いの臓器のつながりなど、教科書だけではわからなかったことや、覚えたはたらきと形の関係に納得し、たくさんのことを自分たちの手でどんどん発見していきます。
ブタの内臓1 ブタの内臓2
取り出すときは恐る恐るでした…
    腸の長さにびっくり!

ブタの内臓3
腸間膜は、栄養吸収の役割と、フランス料理の材料にも使われるそうですね

ブタの内臓4 ブタの内臓5
どんどん眼差しと、手つきがさまになってきています    ひとりずつ責任をもって、解剖していきます

ブタの内臓6 ブタの内臓7
ここまでくると、外科医か料理人か区別がつきません    ぼうこうに水を入れてみました

このページの先頭へ