同志社中学校 面白授業紹介

理科 カエルの解剖実習


本校の理科教育の基本は「実物学習」です。そのため、多くの時間を実験・観察に使っています。つまり、教科書、参考書、図鑑等では得られない学習を大切に考えています。
 この「カエルの解剖」実習は、30年ほど前から教員会議での確認を経て、継続して実施してきました。ウシガエルを通して、からだのつくりやしくみ、生活環境、ヒトとのつながりなど、多くのことを学んでいます。


<実習の進め方>
(1) 解剖前の授業1時間を使って、外観からの観察を行います。(手足の指の数、耳の確認、皮膚のようすなど)
   …この時の子どもたちのようすは、絶叫・号泣・脱走など、極限に近い反応を示します。
(2) 放課後の時間(3:30〜5:30)で、4教室(物理・化学・生物・地学)同時に実施します。
  これを2日間連続して行います(第1学年8クラス)。
(3) まとめは、動物の学習の授業時に行います。

生徒の感想より

  • カエルの内臓を実際に見ることで心臓だけを取り出してもまだ心臓は動いているというおどろきや、脳を見てみたいというワクワクした感じ、いろいろな感情を持てました。テキストなどでカエルの内臓を見るより、実際に見た方がわかりやすいし、さわることもできて覚えやすいと思いました。今日の「カエルの解剖」の実験でたくさんの事を学べました。
  • 始めの方は罪悪感がものすごくあったけれども、段々やっていくことで興味心や探究心が徐々に出て来て、グループで「ここは何ていう臓器かなぁ〜」などと、意見を出し合ってとても楽しく授業を受ける事ができました。


  •  
    <生徒のスケッチ>




    このページの先頭へ